読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七と熊猫のお喋り日記

七(ナナ)と熊猫(シャンマオ)の会話形式で送るブログという皮を被った別の何か。

ナナのおつまみ教室〜肉豆腐〜

シャンマオ「無事に主人に企画が通ったので早速始めましょう!」

ナナ「はぁ〜、まぁいいんだけど。
私、料理は作れるけど簡単なものばかりだよ。」

シャンマオ「そこが良いんですよ!
ナナの料理は手間のかからない物が多いので、簡単に作れるではないですか。」

ナナ「まぁ、難しいことはしないよね。
じゃあ、早速始めますか!」

シャンマオ「今日は何を作るんですか?」

ナナ「前の記事で扱った日本酒が残ってるしな〜お酒に合うおつまみって事で肉豆腐でも作るかな。」

シャンマオ「あら、いいですわね。」

ナナ「用意するのは豚肉(お好みで牛肉でも可)、木綿豆腐、すき焼きのタレ・・・以上。」

シャンマオ「それだけですか?
もっと、調味料や薬味とか。」

ナナ「もちろん、好みに合わせてネギや卵を加えてもいいさ。
大根やら白菜、白滝を入れて簡易すき焼きにも出来るしね。
でも、今回はそういう手間を加える前の一番シンプルな作り方ってことだね。」

シャンマオ「なるほど。
それでここからどうするのです?」

ナナ「先ずは豆腐を切る。
私は一口大が好きだからそういう風に切るけど、もちろん自分の好みでいいよ。」

シャンマオ「私もそのくらいが好みですわ。」

ナナ「豆腐を切ったらフライパンの中に投入。
その上に一口サイズに切った肉を乗せていく。
そして、すき焼きのたれを上からかけて適量・・・フライパンの底に少し溜まるくらいかけたら蓋をして火をかけ煮込むだけ。」

シャンマオ「それだけでいいんですか?」

ナナ「うん。
後は肉に色がついたら蓋を外して豆腐が焦げ付かないようにフライパンを揺すったりするといいよ。」

シャンマオ「それはどのくらい?」

ナナ「作る量や好みによっても変わるからな〜まぁ、よっぽど焦げさせないかぎりは不味くならないから。
何度か作って自分たちの家に合う味を見つけてほしい。」

シャンマオ「なるほど。
それでは、これで完成ですか?」

ナナ「三行でまとめると

豆腐を切る
具材を鍋に入れる
すき焼きのたれを入れて煮込む

これだけ。」

シャンマオ「これでお酒のつまみが出来るなら簡単なものですわね。
物足りない時は最初にいった具材を投入してもよいと。」

ナナ「そうだね。
あくまで基本だから思いついたものは何でも試してみるといいよ。」

シャンマオ「それでは本日はここまでにして、ナナの作った肉豆腐を食べながら宴席を設けましょう。」

ナナ「お、いいね〜それじゃ、私らは今から潰れるまで飲み明かすのでまた次回!」