読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七と熊猫のお喋り日記

七(ナナ)と熊猫(シャンマオ)の会話形式で送るブログという皮を被った別の何か。

漫画の話〜龍帥の翼〜

シャンマオ「最近でお勧めの漫画ってあります?」

ナナ「ん〜これなんてどうかな?
月刊マガジンで連載されてる龍帥の翼。
修羅の門や海皇記で有名な川原正敏先生の新連載。」

シャンマオ「これはどういったお話なんですか?」

ナナ「簡単に言うと中国の物語の一つである「項羽と劉邦」を題材にした漫画だよ。」

シャンマオ「三国志西遊記ならよく聞きますが・・・項羽と劉邦ってどんな話でしたっけ?」

ナナ「三国志の主人公である劉備から説明すると分かりやすいかな。
劉邦っていうのは劉備のご先祖様に当たる人で、漢帝国を築いた人だね。
項羽はその劉邦のライバルであり、物語のラスボスに当たる人って言えば分かりやすいかな。
この二人の人物を中心に話しが進むのが項羽と劉邦さ。」

シャンマオ「それでは劉邦という方がこの漫画の主人公なのですね!」

ナナ「いや、実はそうじゃないんだ。
この漫画の主人公は劉邦ではなく、劉邦を支えた軍師、張良なんだ。」

シャンマオ「軍師の方が主人公とは珍しいですわね。」

ナナ「そもそもの話なんだけど、実はこの劉邦という人は何をやらせてもダメという人なんだ。
人望はあるんだけど物語の主役にするには全くと言っていいほど強烈なエピソードがない。」

シャンマオ「そんな人物が帝国を築いたんですの?」

ナナ「そこがこの話の面白いところで、さっきも言ったとおりに劉邦は何をやらせてもダメ。
逆に項羽は中国の歴史でも最強じゃないかと思うくらいに強い。
エピソードで見るなら三国志で有名な呂布でも歯が立たない気がするね。」

シャンマオ「それなのに劉邦の方が勝つと。」

ナナ「そう、劉邦はあまりにダメすぎて皆がほっとけないんだ。
だから、周りに優秀な人材が集まった。
逆に項羽はその人が凄すぎて己の力を過信し周りを蔑ろにしたんだ。」

シャンマオ「なるほど。
一個人でやれる事ならともかく、国を掛けての戦争なら頭よりも周りの優秀な人材が結果を左右しますわね。」

ナナ「そう・・・その中でも最初から劉邦に助力し手助けした人物こそ張良だったんだ。
だからこそ、川原先生も彼を主役として描く事に意義を感じたんだろうね。」

シャンマオ「なるほど。
とても面白そうですわね。」

ナナ「まだ、始めたばかりでストーリーはあまり進んでないけどね。
大元の歴史を知りたければ横山光輝先生の項羽と劉邦や、本宮ひろ志先生の赤龍王を読むと予習できていいかもね。」

シャンマオ「それでは、オススメされたものを読みにネカフェに行ってまいりますわ!!」

ナナ「行ってらっしゃ〜い・・・
今夜の晩御飯は一人分でいいか。」