読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七と熊猫のお喋り日記

七(ナナ)と熊猫(シャンマオ)の会話形式で送るブログという皮を被った別の何か。

ポケモン バトルツリー 下準備

先ずはバトルツリーに挑む前に下準備から。

メタモンの確保:タマゴから厳選するにはあらゆるポケモンとの配合が可能なメタモンは必須と言えるでしょう。
メタモンはウラウラ島の天文台のすぐ下にある草むらで低確率で出ます。
この時、メタモンは2匹捕まえてください。
片方は普通通りで良いですが、もう1匹は仲間を呼ばせて捕まえます。
実は一回の戦闘で30匹以上呼ぶと4V確定となるからです。
30匹以上呼ばせるには

高レベルのニューラを用意する
ニューラに みねうち みがわり かわらわり を覚えさせる
ヒメリの実を大量に用意する
ビビリ玉を用意する

という準備があるといいです。

メタモンが出現したら開幕みがわりをします。
みがわりを貼るとメタモンがへんしん出来なくなります。
後はみねうちで体力を1にしてビビリ玉を使い、呼んできた仲間をかわらわりてわ倒します。
へんしんは使用回数が少ないので2〜3匹呼んだら古いメタモンは倒して新しいメタモンに変えましょう。

こうして通常メタモンと4Vメタモンを手に入れたら、通常メタモンGTSで他プレイヤーのメタモンと交換します。

これは何故かというと預けた時のタマゴの出やすさに関わるからです。

2匹預けた時の反応は

興味がない
仲は良くない
まずまず
仲が良い

となります。
このうち、タマゴが生まれる可能性があるのは仲が良くないから下となります。
下に行くほどタマゴが出やすくなります。
仲が良くなる条件は

同種のポケモンであること
親(ID)が違うこと

となります。
メタモンは万能にタマゴを作れますが、同じ親ではどうしても仲が良くないとなってしまいます。
この場合、出ないときは本当にいつまでもタマゴか出ません。
なので、同じようにメタモンを出している他プレイヤーと交換することで配合増やし用のメタモンをゲットするわけです。
配合増やし用のメタモンを使ってお目当てのポケモンのタマゴを増やして、孵化作業により増やし、目当ての性格・特性を持ったポケモンをゲットします。
目当ての性格・特性が出たら かわらずの石を持たせて預け、相方を4Vメタモンに変えることで効率よく性格、個体値を遺伝させることが出来ます。
また、この時あかいいとをメタモンに持たせると最高なことになります。
何と受け継ぐ能力が3つから5つに変わるからです。
この状態でタマゴを割り、4Vを受け継いでない場合は生まれた子供の中からメタモン個体値を最も受け継いでいる子供をメタモンの相方に変えて配合することで確実に4Vを目的のポケモンに受け継がせることができます。

これ以上書くと逆にややこしくなりそうなので今回はここまで!
次回はあかいいと何処で取るねん!?
という所からスタートします。