読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七と熊猫のお喋り日記

七(ナナ)と熊猫(シャンマオ)の会話形式で送るブログという皮を被った別の何か。

エオルゼア生活 5日目

ゲーム FF14 エオルゼア生活

遂にサスタシャへ。

 

ここまではソロでやってきましたが、ここからはPTを組まなければ先に進めません。

今はコンテンツファインダーというワールド間を超えてのPT募集があるので、ここで募集をかければすぐに突入できるとか。

早速コンテンツファインダーを使ってみると五分程で突入可能に!

これは便利!!

 

但し、ネットで調べてみるとアタッカーであるDPSは楽で数も多いので時間がかかる時はかなり待つんだとか・・・むむむ・・・。

 

とりあえず突入したID(インスタントダンジョン)ではタンクが先行して敵を引きつけ、自分はタンクの攻撃している敵を倒すという基本に忠実な動きをします。

 

途中でヒーラーが攻撃しすぎて回復忘れてタンクが死んで・・・という事に。

まぁ、ここは初めてだしヒーラーさんも初心者の芽マークが・・・花マーク!?

何やってんだ、メンター!!

 

まぁ、その事故以降は反省したのか事故もなく無事にボス戦へ。

最初は増援のギミックに戸惑ったものの、すぐに慣れて対処可能に。

弓は周りを見渡しやすいからギミックに対処しやすいですな。

 

こうして初のサスタシャ攻略を成し遂げたナナさんでした。

 

さて、次のIDへ向かおうかと思ったのですが先ほどの説明でDPSは待ち時間が長い。

タンクは難しく人が少ない。

と言った言葉にメラメラと闘志が湧き上がり気がつけばウルダハにある剣術士ギルドの門を叩いていたナナさん。

ここで剣を貰いオーソドックスに討伐手帳を埋めつつFATEを攻略することに。

ビギナーリングはレベル1から装備できるので超便利です。

 

あっという間に5まで上げて剣術士ギルドクエストへ。

何なくクリアーしたらサブクエストもいっぱいあったのでスコーピオン貿易所へ。

そこから派生したシルバーバザーでもクエストを行い見事シルバーバザーの事件を解決。

レベルも10になったので再び剣術士ギルドへ赴きクエストを受けた所で今日の分は終了するのでありました。