読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七と熊猫のお喋り日記

七(ナナ)と熊猫(シャンマオ)の会話形式で送るブログという皮を被った別の何か。

第3の刺客

雑談
???「たのもー!!」

ナナ「うわ、なんだ!?」

シャンマオ「あらあら、貴方は!?」

???「ふっふっふっ、私の出番が全く無いからこちらから出向いてやったよ!
そうだ、私の名は」

ナナ「何しに来たんだよ、吉本」

シャンマオ「ま立ち話もなんですしお座りになられてわ、吉本さん」

吉本(?)「吉本じゃない!
私の名前はルミネだ!!
って、名前表記も違うだろ!!」

ルミネ「そうそう、これだよ!」

ナナ「さっきから吉本は一人で何を騒いでるんだよ」

シャンマオ「吉本さん、近所迷惑ですから少々落ち着いて頂けますか?」

ルミネ「だーかーらー、私の名前はルミネだって言ってるだろ!!」

ナナ「でも由来は吉本だろ?」

シャンマオ「確か主人が名前を何にするか迷っていた時に吉本新喜劇をテレビが流していて、吉本ルミネ・・・ルミネにしよう!
って話でしたよね」

ナナ「苗字まであるんだからいいじゃんね」

シャンマオ「あら、そういうナナも苗字がありましたよね」

ナナ「ああ、主人が最近やってるペルソナみたいに現代が舞台で苗字まで入れるゲームでは虎の刃と書いてコバって苗字になるね。
だからフルネームは虎刃 七(こば なな)なんだよ」

シャンマオ「私はPSOだからフルネームは無いですからね。
苗字のある2人が少し羨ましいですわ」

ルミネ「ははは、そうかそうか。
・・・って、違う!!
私の名前はルミネであって吉本は全く関係ないって何回言えば分かるんだ!」

ナナ「ああ、もうこのやり取りも飽きたからいいや。
それでルミネは何しに来たの?」

ルミネ「キー!!そっちからやっておいて!!
まぁ、いい。
率直に言って私も主人に使ってもらっている名前だから出番が欲しい!」

シャンマオ「あら・・・でも、このブログのタイトルがナナとシャンマオですからね」

ナナ「タイトルに偽りありなブログになっちゃうよね」

ルミネ「主人だって黒幕って名前で出てるからいいじゃないの!
私も出たい!!」

シャンマオ「そもそもルミネは何のゲームで使われていたんでしたっけ?」

ルミネ「ふっふっふっ、聞いて驚け!

ナナ「おお、意外とビックタイトル」

ルミネ「後はポケモンのパールでも使ってもらったわね。
でも、キャラクターのベースとしてはドラクエの方がやりやすいんじゃない?」

シャンマオ「レベルは当然・・・」

ルミネ「全職業99よ。
主な装備は鞭」

ナナ「あれ?これって意外とキャラ立ってない?」

ルミネ「そう思うなら私のレギュラーコーナーを・・・」

ナナ「まぁ、レギュラーは置いとくとしても何処かで使えないか主人と相談してみるか」

シャンマオ「せっかく出てきた訳ですしね」

ルミネ「そう!
話を分かってくれて助かるわ。
じゃあ、出演の件よろしく頼むわよ!!」

ナナ「・・・行ったか?」

シャンマオ「みたいですわね」

ナナ「どうしよう?」

シャンマオ「主人に相談してみますが、多分小説のスポット参戦からですわね?」

ナナ「その辺りが妥当か。
まぁ、そのうちあげる記事に彼女が出てくるかもしれないのでお楽しみに!」