読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七と熊猫のお喋り日記

七(ナナ)と熊猫(シャンマオ)の会話形式で送るブログという皮を被った別の何か。

13日の木曜日

雑談 映画
シャンマオ「あら?」

ナナ「どうしたの?」

シャンマオ「タイトルおかしくありません?」

ナナ「いや、今日は13日の木曜日でしょ?」

シャンマオ「それはそうなんですけど・・・13日と言えば金曜日じゃないですか?」

ナナ「ああ、ジェイソンね。
確かに13日の金曜日ってタイトルでシリーズ化してるよね」

シャンマオ「そうですよね。
だから何か違和感が」

ナナ「でも、13日の木曜日だってジェイソンに関わりがあるんだよ」

シャンマオ「そうなんですか?」

ナナ「そうだよ。
ジェイソンは13日の木曜日生まれなんだからね」

シャンマオ「え?
金曜日生まれでは無いんですか?」

ナナ「うん、13日だけど木曜日生まれ。
1946年6月13日生まれなんだけど、この日をカレンダーで調べると木曜日なんだよ」

シャンマオ「そうだったんですね。
一体なぜ?」

ナナ「ネタバレになるけど、元々13日の金曜日の一作目の殺人鬼はジェイソンじゃないんだ。
クリスタルレイクにその噂があったものの、実は犯人はジェイソンの母親。
ジェイソンはまだ子供でこの時11歳。

その時の時代設定が1957年だったから逆算して1946年が彼の誕生した年となるんだよ」

シャンマオ「なるほど、つまり映画の舞台に合わせた結果、逆算した日付まで考えてなかったと」

ナナ「多分だけどそんなところだろうね。
こんなにシリーズ化されるとも思ってなかったし」

シャンマオ「シリーズ化と言えばジェイソンって何作品くらい出ているんですか?」

ナナ「ジェイソン・・・というか13日の金曜日は全部で10作品」

シャンマオ「そんなに出てるんですか?」

ナナ「そうだよ。
あとは番外編でフレディVSジェイソンかな。
ついでだからジェイソンの豆知識言っておこう。
13日シリーズは全10作品で、内2作品はジェイソンが犯人ではない」

シャンマオ「一作目以外にもジェイソンが犯人ではない作品があるのですか!」

ナナ「そうそう。
他にもホッケーマスクを被ったのは3作目から。
途中まではただの人間の殺人鬼だったけど、6作目から不死の化け物になったとか。
他は実はシリーズ通してチェーンソーを使ったことがない」

シャンマオ「え?
ジェイソンと言えばチェーンソーのイメージがありますが」

ナナ「同時期にジェイソンのパロディー映画があって、そっくりの主人公がチェーンソー持ってたのが原因らしいね。
それがしっくり来すぎてたんだとか」

シャンマオ「ちゃんと原因がありますのね」

ナナ「長いシリーズだから全部観るのはしんどいけど話のタネにはなるから、時間があれば閲覧してもいいかも?」

シャンマオ「昔のホラーはツッコミどころ満載ですからね」

ナナ「では、今日はこの辺で!」

シャンマオ「さようならですわ〜」